記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼肉を食べました

勝浦と嶋と三人で焼肉を食べました。勝浦は、こないだも焼肉食べたんだよなぁ、とブツブツ言っておりました。しかし彼は肉を食べた訳ではないので、ノーカンノーカンと言いながら肉を焼きはじめました。
これはチャンスとばかりに嶋が言うには、焼肉といっても肉を焼いたものではなく焼きを肉したものです。つまり肉による攻撃が焼きを標的にした様を表しており、勝浦氏はそれを食べたのです、と言いました。
僕は何だか腹がたったので嶋のゾーンだけ火力をMAXにしました。そして勝浦のゾーンは火を切りました。勝浦のゾーンは僕に火をつけるように言いましたが、僕は肉に嶋のゾーンへ行けと言いました。
そして勝浦のゾーンには誰もいなくなったのです。

時々、それぞれのゾーンを操る事ができるポジションに自分が居るとわかった時、僕たちは誰と対話する事を重視しますか。
ゾーンそのものとの対話を忘れているから、このような不可解な現象が起きていても、ほとんどの人は気付く事ができなくなってしまいます。
この場合、僕は自分のゾーンとの対話を忘れ、勝浦や嶋または肉との関係性に奪われ、嶋のゾーン(火力MAX)に自分のゾーンが焼かれている事に気付けませんでした。持ち帰った僕のゾーンは少しだけ焦げていました。
驚きなのは、少しだけしか焦げていなかったという事でした。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。