記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝浦をしばきました

勝浦というのは、カツオの友達です。カツオというのは、僕の友人の家に居候している男です。
事の発端はまず、カツオがアルフォートを床に落とした事です。床にはペルシャ絨毯のいいやつが敷いてあったので、僕の友人=テラシガシとします。テラシガシがキレて先ずカツオをしばきました。しばかれたカツオがキレてアルフォートをしばきました。
そこまでは良かったのですが、それを見た勝浦が、アルフォートをしばくカツオのテーマソングを作り始めたのです。彼のDTMの手捌きは華麗でした。ものの五分とかからない内に、ボーカロイドはこう歌いあげました。
アルフォートのさいなん、イッツアフォールトそれある♩それある♩
カツオは美メロに泣きました。僕はBメロで勝浦をしばきました。

ボーカロイド衰退論が流行ってるみたいだけど、勝浦いわく「捌け」らしいです。彼はそれ以上を口にしませんでしたが、僕には彼が何を思っているかがわかったような気がしました。きっと彼は真面目になっていたんだと思います。そのたたずまいはまるで神のようでした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。